献血は育毛剤をしようしていると拒否されます

会社の健康保険の担当をしています。
毎年の検診はもとより、会社に献血バスに来ていただいて、献血の協力もさせて頂いているのですが、毎年その事で少し問題が発生するのです。
献血は血液が必要な人に、より適切により良い血液を提供する事が必要です。

その為、海外への渡航歴や、現在の体調、服用している薬について、
沢山の質問を受けてからの採血となります。

最近、ここで問題なのが、多くの男性社員が採決前のこの問診の時点で、
採血を拒否される数が増えていたのです。
当初は、その日の体調が悪いのかなあ?ぐらいに考えていたのですが、
あまりに大人数なので、個々に確認してみると、
なんと、育毛用の飲み薬を飲んでいる為に、献血できないのだそうです。
献血を断られる男性社員たちは、ほぼその薬を飲んでいるそうで、
献血のために育毛薬を飲むのを休むと、すぐに剥げてしまうから、
献血よりも自分の髪の毛を優先するとの事でした。

育毛用のプロペシア等がそれに当たるそうですが、
こんなにも大勢の男性が飲んでいる事実に驚きました。
見た目は、まったく剥げていないのに、予防のためなのでしょうか?
献血はあくまでボランティアです。
自分を犠牲にしてまで、する必要はないとは思いますが、
人の命より、見た目?的な感じがしてしまいました。
私は別に男性が剥げてても、嫌じゃないけどなー。